胃カメラ(内視鏡)検査|練馬区の内科・胃腸内科・小児科なら光が丘 練馬春日町 田柄 向山 高松 早宮 土支田近くの安藤クリニック

安藤クリニック 電話番号:03-3990-8001

安藤クリニックは都営大江戸線「練馬春日町」駅A3出口より徒歩2分

超小型カメラで苦痛も軽減!?
胃カメラ(内視鏡)検査

胃内視鏡検査「胃カメラ検査」ともいわれます。内視鏡を口から胃の中に入れて、先端についている超小型のカメラで胃の中の様子を直接モニター画面に映し出して観察します。

技術の進歩により、内視鏡はとてもコンパクトになり、以前ほど苦しい思いをすることなく検査が受けられるようになりました。

当院では直径5mmの内視鏡を採用しておりますので、検査の際の負担が比較的楽になりました。

食道・胃・十二指腸

従来より細いカメラを採用し、検査時の苦痛を軽減します。





内視鏡のカメラの太さの比較
(左)一般的な内視鏡
(右)当院使用の極細内視鏡



内視鏡検査(胃カメラ)で発見できる病気

  • 胃炎
  • 胃潰瘍の程度
  • ピロリ菌の有無
  • 胃ガンの発見

検査の手順

1)胃の中を見やすくするため、胃の中にある泡を消す為の薬を飲んでいただきます。
2)キシロカインゼリー、スプレーで喉に麻酔をします。
3)ご希望により鎮静剤を注射します(この段階で眠くなってきます)。
4)専用の口当てを噛んで、胃カメラを始めます。
5)検査時間は約5分〜10分です。

検査終了後30分〜1時間ほど休憩し、麻酔が切れるのを待ちます。

注意事項

検査日の前日は、決められた時間までに夕食をすませ、検査当日は、食べ物を我慢し、胃の中を空っぽの状態にしておいてください(お茶や水はとってもかまいません)。

検査後はのどがしびれていますので、まずは少量の水を飲み、むせないようになったあとで食事を取る事をおすすめします。

生体組織検査

症状などによっては、症状などによっては、内視鏡の検査時に胃粘膜から直接組織を採って調べる「生検(生体組織検査)」を行うこともあります。

ごくわずかな採取ですので痛みはありませんが、小さな傷ができますので、2〜3日はアルコールや刺激物の摂取は避けてください。

診療内容
内科・胃腸内科
小児科・外科
ご相談ください